生物供養祭

先日、IFC調理師専門学校で「生物供養祭」を開催致しました。

毎年、自由登校になる前のこの時期に行っております。

入学してから1年間、たくさんの野菜・果物・肉・魚などを食材から料理へ変えてきました。

それぞれの生命を私たちが頂くことで、料理技術も向上しましたし、心身共に成長をしてきました。

そこに感謝の意を込めて、供養させていただきました。

しかし、それはこれからもずっと続きます。

ひとつひとつの食材に感謝し、なにひとつ無駄にすることなく、

「料理」を続けていってほしいと思います。

「食材のすべてを余すことなく使って料理する」ことができるような料理人になってほしいと思います!

上部へスクロール